会計士・会計監査士Accountant

Skill Assessment Body: Chartered Accountants Australia New Zealand (CA), Certified Practising Accountants Australia (CPAA), Institute of Public Accountants (IPA)

Accountant (Corporate Treasurer/External Auditor/General Accountant等)の審査機関には代表的なものとして上記の3つがあります。審査基準はほぼ同じですので、通常はCAかCPAAを利用するケースが多いですが、どちらが有利・不利と言うのは無さそうです。CTSでは以前はCPAAを中心にAssessmentを申請していましたが、最近ではCAが中心になっています。なお、日本で言う経理はこれに該当いたしませんのでご注意ください。

必要職歴年数

特に規定なし。

提出重要書類

雇用証明書・責務一覧表・大学卒業証明書・資格認定書・教科シラバス等

審査期間・費用

4〜12週間以上、審査費用;確認必要

特徴

日本の公認会計士資格は認められない。USA CPS会員(会員資格取得後CPAA規定の経験を積んでいる事)もしくは豪州(もしくは豪州文部省にて認定された大学)にてBachelor or Master of Accountingを終了した者。もしくはICAA/CPAAが規定する教科を終了済みの場合申請可能。 ICAA/CPAAへの申請の場合、審査において問題(条件不足)が認知されても、直ぐ不認可にはならず、補填必要部分を通 知してくれ、なおかつ申請をホールド(条件を満たすまで)して待ってくれる。ただし、不測条件を満たし、再審査を依頼する場合は追加費用が発生する。 必須教科の履修が確認されれば、認可の対象になりうるが、その教科が学士号レベル以上のものでなくてはならず、原則専門学校・TAFEレベルでの履修は認められない

ここで「USA CPS」の扱いに注意を払う必要がある。CPAAでは「USA CPS受験資格者は、基本的にはCPAAが設けている基準の教育を受けている」と見なしているが、当然、受講科目に対する査定審査が行われる。日本では現地法人教育機関での代替え授業などでUSCPA受験資格を取得するケースが多いが、この際、提出するシラバスが非常に重要な意味を持つ。

申請該当Skill

Accountant (General) 221111
Management Accountant 221112
Taxation Accountant 221113
External Auditor 221213
Finance Manager 132211
Corporate Treasurer 221212

なお、内部監査の場合は、以下VETASSESSMENTとなる。
Internal Auditor 221214

無料査定を希望される方は、会計士査定フォームをダウンロードし、情報を書き込みのうえ、ご返信ください。


会計士・会計監査士技術査定申請代行におけるCTSのサービス内容

サービス内容 - 会計士申請可否の無料初期査定
- 技術査定をパスする為のアドバイス
- スケジューリング及タイミング指示
- 会計士技術査定申請、その後のCAとの全てのコンタクト
- 申請提出書類リストの作成及指示
- 申請提出書類の作成補助(サンプル渡・プルーフリード・手直し)
- NAATI翻訳手配
- Certified Copy作成(パスポートを除く)
申請代行費用 AU$1,400.00- Basic
注意・追記事項 NAATI翻訳費用は別途発生します。

 

会計士・会計監査士技術査定申請の説明は以上です。

 


Cultural Training Service
Registered Migration Agent: Akira Shinkai
Migration Agent Registration Number (MARN): 0747324
Office of the Migration Agents Registration Authorityy: www.mara.gov.au
Code of Conduct

Email: mail@ctsau.com

Post: PO BOX17 Kerrimuir VIC 3129 Australia

Phone: +61 42 9391 651

Copyright: 2015 Cultural Training Service (Australia). All rights reserved.
MARN:0747324