オーストラリア移民局公認ビザエージェント

【2018年7月1日移民局の主な改正】
GSM系技術独立移住ビザS189/190/489のパスマーク(Passmark)が60から65に引き上げられました。
GSM系・雇用系・トレーニング系ビザ申請可能リストが更新され、一部削除されました。
申請費用が一部値上げになりました。

オーストラリアの永住権や移住ビザ申請代行ならお任せください。

カルチャル・トレーニング・サービス(通称CTSオーストラリア)は、オーストラリア移民局公認のビザエージェント(公認ビザ申請代行業者)です。クライアントと正規申請代理人の「橋渡し業務」をおこなう業者ではなく、カルチャル・トレーニング・サービスそのものが公認ビザエージェントとして登録されています。

CTSオーストラリアでは、オーストラリアの永住権・技術系移住ビザ・投資家実業家ビザの申請代行サービス、親子留学総合バックアップサービスを提供しております。

ビザ申請代行サービスは弊社正規申請代理人が責任を持ってとりおこなわさせて頂きます。2016/2017年度の申請に向け、準備を始めるお手伝いをさせていただきます。

オーストラリアは80年代以降、アジアから多くの移民を受け入れており、日本からも多くの移住者が居ます。ただし、移住に際しては、移住ビザ(永住権・暫定を含め)取得が必要です。

そして移住ビザの申請には、多くの規定があり、ケースバイケースで非常に複雑な条件制約が設けられています。 なおかつ、これらの規定は毎年の様に変更される為、より複雑さを増しています。

個人が自力で申請を行う事は当然可能ですが、規定の理解、書類の準備、関係機関(移民局や技術査定機関)とのやり取り等、時間的な問題・英語上の問題で、なかなかすんなりはいかないものです。
CTSオーストラリアではビザ申請代行にあたり、規定上の照査や、関連機関とのコミュニケーションを全て代行しますので、申請者の負担を最大限に軽減できます。

規定変更ニュースをいち早くお届けできるようにニュース専用ページを設けています。

移民局インビテーション発給、まとめニュースはこちら(2017年8月5日アップデート)
インビテーション(申請許可)発給数情報ソースはこちら(2017年7月ラウンドまでのリンク)

サイト内容の更新履歴

2018年07月18日 情報ソースページを2018/2019用にアップデート
2018年07月01日 GSM系技術独立移住ビザパスマーク引き上げ
2018年04月22日 日本国籍回復(帰化)申請サポートページ開設
2018年03月25日 Skilled Occupations List総合表アップデート
2018年03月17日 Student Visas学生ビザ関連ニュース
2018年03月03日 S457のページをTSSの内容に差し替え
2018年01月27日 Student Visas学生ビザの一部規定変更
2018年01月21日 1月発表のスキルリスト変更
2017年12月23日 今年度のSkillSelectシステムの傾向
2017年12月03日 STSOリスト変更ニュース
2017年11月18日 ENS and RSMS規定変更確定ニュース
2017年10月22日 Employer Sponsored Visa関連ニュース
2017年10月22日 S485申請のための重要点ページアップデート
2017年10月07日 技術独立系ビザ関連ニュース
2017年09月09日 ENS Direct Entry Streamカウントダウン
2017年08月26日 7月8月のS189インビテーション発給状況
2017年08月12日 Occupation Ceiling and SkillSelect Update
2017年08月05日 2017年8月1日の規定変更等ニュース
2017年07月29日 トレーニングベンチマーク変更
2017年07月09日 2017年7月1日規定変更概要
2017年07月01日 2017/2018年度用のスキルリストが発表
2017年06月24日 S190/489ノミネーションに関する各州の動向
2017年06月17日 申請がリジェクトされた場合
2017年06月11日 移民局審査期間延滞
2017年06月04日 RSMS申請チャンスの限度
2017年05月27日 7月1日に予定されるGSM(S189/190)の変更
2017年05月20日 2017年4月ラウンドのインビテーション発給状況
2017年05月20日 新親引き寄せビザ導入情報・ページアップデート
2017年05月13日 TSSの課税方式導入及び全てのビザの申請費用値上げについて
2017年05月07日 S457規定変更のまとめ見解
2017年05月06日 規定変更に関しての主な質問をQ&Aにまとめました。
2017年04月29日 Temporary Skill Shortageタイムスケジュール
2017年04月25日 規制改定インパクトのまとめ
2017年04月24日 新規制改定に伴うSkill Listアップデート
2017年04月23日 2017年4月18日規制改定に伴うサイト内情報アップデート。
2017年03月18日 四分の三・四半期を終えてインビテーション発給状況の分析。
2017年03月11日 学生ビザGTEに関しての最新情報
2017年03月04日 457ビザキャンセルの新基準
2017年02月18日 S457審査の厳格化について
2017年02月11日 2017年ラウンドのインビテーション発給状況
2017年02月11日 留学移住計画参照ページ設置
2017年01月28日 ソースページアップデート
2016年12月17日 11月のS189インビテーション発給状況
2016年12月03日 新ビザS407/S408のページ開設(雇用系ビザセクション)
2016年11月25日 SOLリスト見直し公表に関するニュース
2016年11月19日 移民局ビザ申請規定変更各種11月19日開始分
2016年11月13日 7月から10月のS189インビテーション発給状況
2016年11月05日 看護師Skillページ・パートナービザ情報更新
2016年10月29日 S402トレーニングビザ情報更新
2016年10月29日 親引き寄せビザ新タイプ導入
2016年10月09日 家族系ビザ情報更新
2016年10月01日 ワーキングホリデイビザ規定変更
2016年10月01日 情報ソース内容更新
2016年09月18日 ファミリー系ビザ・スポンサーシップ申請の変更
2016年09月18日 新タイプの企業家・事業家ビザが導入
2016年09月03日 ACT Releases Occupations List for 2016-17
2016年09月03日 Australian Study Requirement アップデート情報
2016年08月14日 2016年7・8月インビテーション発給状況
2016年08月14日 情報ソースリンクアップデート
2016年07月29日 ビクトリア州Relationship Registrationの基準が緩和
2016年07月24日 QLD・NSW・SAのState Nomination Listが公開
2016年07月10日 2015/2016年度スキルセレクション結果分析
2016年07月09日 学生ビザ発給基準の大きな変更
2016年07月03日 2016/2017年度規定変更アップデート
2016年06月24日 2016/2017年度S189発給職種(スキル)割り当て数発表
2016年06月09日 インビテーション発給状況及最新状況(5月末時点)
2016年05月19日 5月度インビテーション発給状況
2016年05月17日 2016/2017年度SOL改定に関するニュース
2016年05月04日 4月度インビテーション発給状況
2016年05月02日 雇用主スポンサー系ビザに絡む詐欺に関し注意
2016年04月17日 3月度インビテーション発給状況
2016年04月09日 S190ページ、各州政府ノミネーション条件アップデートまとめ
2016年04月03日 インビテーション発給状況及最新状況(2月〜3月)
2016年03月25日 申請代行費用見直しアップデート
2016年03月19日 インビテーション発給状況及ICT・Accountnat系最新状況
2016年03月09日 S457/ENS雇用主(スポンサー企業)Business Restructures
2016年02月07日 移民局インビテーション発給、上半期(2015年7~12月)まとめ
2016年01月27日 情報ソース追加・移民制度記事更新・WHビザ情報追加等
2016年01月19日 Engineers AustraliaのSkill Assessmentに関するマイナー変更
2016年01月06日 S457等スポンサーシップ不正行為に対する罰則強化
2015年12月21日 2015/2016年度におけるS190及S489の各州進行状況
2015年12月09日 STEM及ICT分野に関する新ルール・新起業家ビザ新設に関して
2015年11月29日 S485情報アップデート
2015年11月02日 移民局インビテーションアップデートニュース10月分・その他
2015年09月24日 移民局・移民制度アップデートニュース9月分・その他
2015年09月19日 新ページ開設 S402トレーニングビザ解説ページ設置
2015年09月12日 新ページ開設 オーストラリア移民制度解説ページ設置
2015年09月06日 移民局・移民制度アップデートニュース9月上旬分
2015年09月06日 永住権申請代行ページ修正
2015年08月06日 移民局・移民制度アップデートニュース8月分
2015年08月01日 携帯サイト開設
2015年07月26日 新サイト開設

情報ソースページアップデート(2018年7月18日)

弊社の情報ソースページを2018/2019年度プログラム用にアップデートしました。移民局サイト・技術査定機関・各州政府サイトの各リンクの最新版です。

より詳しくはまとめ情報ソースページ)を確認してください。

GSM系技術独立移住ビザパスマーク引き上げ(2018年7月1日)

2018年7月1日より、GSM系技術独立移住ビザS189/190/489のパスマーク(Passmark)が60から65に引き上げられました。この事により、昨日まで60ポイントでもインビテーションが発行されていたS489ですらEOIの提出も困難になってしまいました。

より詳しくはまとめニュース(2018年7月1日アップデート)にて。

Skilled Occupations List総合表アップデート(2018年3月25日)

2018年3月の移民局のSOLの変更を受け、GSM技術独立系ビザ・就労系雇用主指名ビザ(TSSとENS)の申請可能なスキル・職種リストを、総合的に判りやすくした表をアップデートしました。

詳しくはSkilled Occupations List総合表(2018年3月25日アップデート)にて。

Student Visas学生ビザ関連ニュース(2018年3月17日)

1月以降、日本人の学生ビザ申請でReject(却下)されるケースが目立っています。日本からの申請は比較的問題なく学生ビザが下りるケースがほとんどでしたが、最近では審査が厳しくなり、以前に比べると却下件数が目だって多くなっています。

より詳しくはまとめニュース(2018年3月17日アップデート)にて。

Student Visas学生ビザの一部規定変更(2018年1月27日)

留学期間中の資金(Sufficient funds for cost of living)の最低必要額が2月1日より変更になります。

より詳しくはまとめニュース(2018年1月27日アップデート)にて。

Skill Listスキルリスト変更(2018年1月21日)

2017年4月19日の政府の発表以来、Employer Sponsored VISA(雇用主指名ビザ)には多くの変更があり、2018年1月17日にもSkill Listに一部マイナー変更が加えられるなど、2018年3月のS457廃止及びTSS立ち上げに向けて、徐々に変更が加えられていっています。

より詳しくはまとめニュース(2018年1月21日アップデート)にて。

今年度のSkillSelectシステムの傾向(2017年12月23日)

S189/190/489等GSM系移住ビザを対象としたSkillSelectシステムの競争が激しさを増し、インビテーションを得るのに、非常に時間がかかってしまっています。

いくつかのラウンドでは、Non-Pro-Rate Skillでは70ポイントとなっています。これは異常事態と言えます。これにはいくつかの原因が考えられます。

より詳しくはまとめニュース(2017年12月23日アップデート)にて。

STSOリスト変更ニュース(2017年12月03日)

先日、移民局が2018年1月にSTSOL(Short Term Skilled Occupations List)リストから、一部のSkillを除外すること、新たに一部のSkillをリストインすることを発表しました。これは100%確定事項ではありませんが、ほぼ間違いなく施行されます。

ただし今回の変更は、S457やENSといった雇用主指名ビザが対象であり、S189/190/489といったGSMには影響は無い様子です。

より詳しくはまとめニュース(2017年12月3日アップデート)にて。

Changes to Apply from March 2018 to ENS and RSMS(2017年11月18日)

2018年3月からENSおよびRSMSに適用される変更事項の記事です。一部のS457保有者には吉報も含まれています。

より詳しくはまとめニュース(2017年11月18日アップデート)にて。

技術独立系ビザ関連ニュース(2017年10月22日)

2017年4月の規定変更以来、混乱の在るS457/ENS/RSMS等雇用主指名系スポンサービザ(Employer Sponsored Visa)に関するアップデートニュースです。一部のS457保有者には朗報です。

より詳しくはまとめニュース(2017年10月22日アップデート)にて。

技術独立系ビザ関連ニュース(2017年10月7日)

2017/2018年度今期も前四半期が終わりました。技術独立系ビザ(S189/190/489/485)を取り巻く状況は年々厳しくなってきていますが、この前四半期は一段と厳しい審査状況となっています。今後の予測も含めて現状分析です。

より詳しくはまとめニュース(2017年10月7日アップデート)にて。

ENS Direct Entry Streamカウントダウン(2017年09月09日)

2018年3月の雇用系ビザの改正(S457の廃止・TSSへの移行)を前に、ENS Direct Entry Streamに関する問い合わせが増加しています。ここで、ENS Direct Entry Streamの受ける影響、今後の方針に関して記載しました。

より詳しくはまとめニュース(2017年9月9日アップデート)にて。

S189インビテーション発給状況(2017年8月26日)

さて7月8月のラウンドが終了しましたが、2017-18年度最初3回のSkillSelectラウンドは、昨年と大きく異なる結果となっています。多くのSkillにてCelling割り当てが増えているにもかかわらず、昨年と比較してインビテーション発給数が抑えられ、必要なポイントが高く設定されました。

より詳しくはまとめニュース(2017年8月26日アップデート)にて。

Occupation Ceiling and SkillSelect Update(2017年8月12日)

General Skilled Migration(GSM)のOccupation Ceilingsは8月7日に改訂されました。Pro Rate Occupationに関しては、割り当てが増やされた一方、ポイントが引き上げられたままの状況で、楽観視できる状況ではなさそうです。

より詳しくはまとめニュース(2017年8月12日アップデート)にて。

2017年8月1日の規定変更等ニュース(2017年8月05日)

突然ですが「2年就学規定(2-Year Study Requirement)」が変更されました。また「ビザ審査期間の延長」や「S190用州政府ノミネーションリスト発表」に関しての最新情報を掲載しています。ソースページのリンクもアップデートしています。

より詳しくはまとめニュース(2017年7月29日アップデート)にて。

2017年7月1日規定変更概要(2017年7月9日)

例年通りこの7月1日に多くの規定変更が発表されました。GSMに関してはポイントシステムなど致命的・劇的な変更はありませんが、雇用系ビザ(ENSとRSMS)に関しては大きな変更がありました。Working Holidayに関しても、年齢制限の国別変更予定などが発表されています。

より詳しくはまとめニュース(2017年7月9日アップデート)にて。

2017/2018年度用のスキルリストが発表(2017年7月1日)

来年度(2017/2018年)用のスキルリストが発表されました。日本からの申請者に大きな影響を与える変更は見受けられませんが、4月の規定変更で一度消えていたエンジニア系スキルが復活したのはプラスです。

より詳しくはまとめニュース(2017年7月1日アップデート)にて。

S190/489ノミネーションに関する各州の動向(2017年6月24日)

来年度(2017/2018年)のS190/489ノミネーション・スポンサーの方針に関し、各州が公式発表を始めています。WA州の様に非常にネガティブな方向に舵を切った州もあります。ここでは、予測も交えながら一部の州の動向を記載します。

より詳しくはまとめニュース(2017年6月17日アップデート)にて。

申請がリジェクトされた場合(2017年6月17日)

申請がリジェクトされたケースの問い合わせが急増しています(弊社のクライアントと言うわけではなく、リジェクトされた方から弊社への対処方法の問い合わせです)。リジェクト数が増えた主な理由は「規制の厳格な執行」・「ケース・オフィサーの監視強化」・「ポリシーの不公平で過酷な解釈」を上げる事ができます。近年特に「規制の厳格な執行」が厳しく、特にスポンサー系ビザのNomination申請に対する「厳密な規定の適応」が目立ちます。

より詳しくはまとめニュース(2017年6月17日アップデート)にて。

移民局審査期間延滞(2017年6月11日)

毎年6月と12月は申請が集中するので、審査プロセス時間が非常に延びてしまいます。特に今年度は、全てのビザにおいて延滞傾向にあり、解消される見込みが見えません。「エージェントを通せばプロセスが早まるのか」質問を受けますが、保証の限りではありません。確かに「提出プロセスをスムーズに行う」と言う意味においては、多少は早まるとは言えます。

より詳しくはまとめニュース(2017年6月11日アップデート)にて。

RSMS申請チャンスの限度(2017年6月4日)

S457やENSの規定が変わり、厳しい制限がかけられた現在、RSMS (Regional Sponsored Migration Scheme) が唯一有効な永住権のpathwayになりつつあります。ただし、それも2018年3月までで、RSMSの規定も3月1日に大きく変わる予定です。.

より詳しくはまとめニュース(2017年6月4日アップデート)にて。

7月1日に予定されるGSM(S189/190)の変更(2017年5月27日)

この2017年7月1日にGeneral Skilled Migration program 通称GSM(S189/190等)に規定変更/新規発表がおこなわれます。

より詳しくはまとめニュース(2017年5月27日アップデート)にて。

2017年インビテーション発給状況(2017年5月20日)

2016/2017年度プログラムも終盤に入りました。4月までのインビテーションラウンドの分析結果です。全てのプロレイトスキル(pro rata occupations)の、2016/2017年度プログラムインビテーション枠はすべて満たされました。これらのスキルは、2017年7月1日まで、Skill Independent Subclass 189またはSkilled Regional Provisional Subclass 489(家族スポンサー)のインビテーションは発給されません。

より詳しくはまとめニュース(2017年5月20日アップデート)にて。

TSSの課税方式導入及び全てのビザの申請費用値上げについて
(2017年5月13日アップデート)

2018年3月から、Temporary Skills Shortages (TSS) visa申請においてスポンサーとなる雇用主は「Skilling Australians Fund」に対し課税額(Training Levy)を支払う事が義務つけられます。また、2017年7月1日から全てのビザの申請費用が値上げされます。

より詳しくはまとめニュース(2017年5月13日アップデート)にて。

S457規定変更のまとめ見解

今回の改変で大きな影響を受けたS457申請に関し、2018年3月から施行される新しいビザTemporary Skill Shortageビザの方向性と、今回削除されたスキルのまとめも含めた記事を掲載しています。

より詳しくはまとめニュース(2017年5月07日アップデート)にて。

新Temporary Skill Shortageタイムスケジュールまとめ(2017年4月29日アップデート)

Turnbull Governmentが発表した「S457の廃止と新Temporary Skill Shortageビザ立上げ」のタイムスケジュールと主な変更内容を時系列にまとめました。

より詳しくはまとめニュース(2017年4月29日アップデート)にて。

2017年4月18日規制改定インパクトのまとめ(2017年4月25日アップデート)

今回の規定変更によるインパクト及び今後の規定変更の予定予測を対象別(S457申請予定者・申請済み者・現保有者・ENS申請予定者・RSMS申請予定者)にまとめてました。

より詳しくはまとめニュース(2017年4月25日アップデート)及び新リストページにて。

2017年4月18日規制改定(2017年4月23日)

2018年3月実施を目途にTemporary Work (Skilled) visa (subclass 457 visa)が廃止され、Temporary Skill Shortage (TSS)ビザが新しいビザとして実施されます。これに先立つ形で、4月18日突然SOL・CSOLが廃止され新しいSkill Listが発表されました。今までのシステムとは異なったスキルリストシステムとなっているので、注意が必要です

より詳しくはまとめニュース(2017年4月23日アップデート)及び新リストページにて。

永住ビザ取得コーディネート、申請代行 サービス情報のサイトです

「オーストラリアへの移住や長期滞在を目指す方のサポート全般 」・「オーストラリアに移住したい方」・「長期滞在してキャリアを積みたい方」へ、最終的には移住・永住権ビザ取得を目標とした、最適なシナリオをご提案させて頂きます。オーストラリア政府より資格を受けた公認申請代理人が、移住ビザの申請を代行させていただきます。

上記インデックスより、必要な情報をお探しください。メインタブとサブタブがあり、各メインタブをクリックすると、各テーマに沿ったサブタブが下位に表示されます。ビザサブクラスに合わせ、各ページにてビザの細かな特徴を解説しています。

ビザ申請代行

移住計画を立てるにあたり、ビザ申請に関わる移民申請代理人とは何か、移民局とは何か、ビザ申請代行サービスの詳細についての説明とともに、弊社のオーストラリア技術系移住ビザ申請代理サービスのシステムについて説明しています。基本的な、移住ビザ申請の計画のアイデアになるかと思います。

技術系移住ビザ

スキル系ビザ(技術系移住ビザ)は、英語力があり・オーストラリアの必要としているスキルのある若い移住・永住希望者を対象としたビザです。通常、オーストラリアへの移住ビザと言えば、この技術系移住ビザ(技術独立移住ビザとも呼ぶ)が最も一般的でした。技術系移住ビザと言っても、幾つかの種類があり、それぞれに申請規定も多く、簡単には理解でき難いビザです。

投資系移住ビザ概要

投資活動もしくは企業経営により、相応の資産を築いた(もしくは増やした)方で、オーストラリアへの移住を希望される方を対象とした投資家向け、資産家向けビザの説明です。技術系移住ビザと異なり、英語力や学歴、スキルに関する規定はない代わりに、資産や資産運営能力が問われます。ただし、以前の投資家向けビザと異なり、ポイントシステム制が導入されており、年齢・学歴・資産額等が査定評価対象となっています。

雇用系ビザ

技術独立移住ビザ申請には条件的に厳しい方で、オーストラリア国内に雇用主を見つけられた方が申請する雇用主指名型ビザ、いわゆるビジネスビザ・ENS・RSMSの説明です。これは、雇用主にスポンサーになってもらう事によって、技術系移住ビザに設けられている諸条件「技術査定や英語力」の条件を緩和してもらう、もしくは免除してもらう事が可能です。

学生ビザ・家族ビザ・WHビザ

オーストラリアに留学をする際に必要となる学生ビザやガーディアンビザの説明と、結婚・婚約に伴うパートナービザ・ディファクトビザの説明に、親の引き寄せビザを説明するセクションです。追加でWHビザに関する情報も掲載しています。

技術別詳細説明セクション

オーストラリアの技術系永住権や移住ビザを申請するには、スキルのプロフェッショナルであると認可される必要があります。そしてSkill Assessmentいわゆる技術査定は、スキル別に規定や申請方法が異なるものです。ここでは必要な技術査定情報をスキル別に解説しています。

ビザ申請に必要な知識セクション

ビザ申請や技術査定申請には、規定や基準に関する様々な知識が必要になります。例えば、英語力を証明する為に必要なスコアはどれくらいか?申請費用はどれくらいか?SOLとCSOLの違いは?等このコーナーでは、そういった基礎知識についてまとめています。

メルボルン親子留学セクション

オーストラリア・メルボルンに親子留学をお考えの方への弊社のアレンジメントサービスの紹介です。また留学を計画する上での注意事項や予算面での基礎知識を記載しています。


Cultural Training Service
Registered Migration Agent: Akira Shinkai
Migration Agent Registration Number (MARN): 0747324
Office of the Migration Agents Registration Authorityy: www.mara.gov.au
Code of Conduct

最新更新日2018年7月18日

 

Email: mail@ctsau.com

Post: PO BOX17 Kerrimuir VIC 3129 Australia

Phone: +61 42 9391 651

 

訪問者数

2007年2月以降

Copyright: 2016 Cultural Training Service (Australia). All rights reserved.
MARN:0747324