技術独立移住ビザ
(S189)Skilled Independent Subclass 189 Visa

最も一般的な移住ビザです。以前は、豪州国外から申請する場合(offshoreと呼びます)はS175、豪州国内から申請する(onshoreと呼びます)はS885と呼ばれていたビザですが、現在はS189に統合されています。

【2017/2018年度用のスキルリストが発表されました(2017年7月1日)】

S189申請を対象とした最新のスキルリストに関しては、下記を参照ください。
S189/S485対応S189 Sponsored Occupations List (S189SOL)
多くのSkillがリストから突然削除され、また一部のSkillに関しては「S189には申請できてもS190やS457には申請出来ない」と言った今までにない、変則的な状況が発生しています。

S189/S190/S485/S489( Family Sponsored)の規定に変更はありません。あくまでスキルリスト変更により、申請できなくなった、もしくは申請が困難になったスキルが発生した状況です。ただし、申請年齢上限が50歳から45歳未満に引き下げられました。

スキルセレクション(SkillSelect)方式申請

技術独立移住ビザ申請の特徴として、ビザの本申請を直接行う事はできず、まず移民局にはEOI(Expression of Interest:申請可否伺い)をオンラインで行います。この段階で、下記申請条件は揃っていなくてはいけません。

ビザ申請条件(Visa Criteria)

- EOI(Expression of Interest:申請可否伺い)・申請許可(Invitation)方式
-ポイントテストでパスマーク60に達する事
-年齢18歳以上から49歳以下であること
-特定の技術(移民局選定技術:MLTSSL掲載)の技術査定をパスする事
-高い英語力を保有している事(Competent English:IELTS 6 in each band等)
-健康上大きな問題が無いこと。犯罪歴・起訴歴等が無いこと。
-過去3年以内に豪州にてビザ規定違反を行っていないこと。

EOIを確認した移民局が、申請許可(Invitation)を発行して、初めてビザ本申請が可能になります。この時、申請許可(Invitation)が発行されてから60日以内に本申請を行わなくてはいけません。本申請に関し、可能な限り(二週間以内が目処)早く、関連書類を提出する必要があります。なお無犯罪証明(渡航証明)の提出には、申請前に準備するのは難しいので、提出後に「移民局から発行される申請受理書」をもって、警視庁(もしくは地元の県警)に発行依頼を行います。移民局には、この発行依頼控えを提出します。

オーストラリア国内から申請できる場合

基本的にはオーストラリア国外から申請するのが多いですが、申請者がNo further stay条件(Condition)の付いていない学生ビザやビジネス系ビザ(substantive visa)もしくはブリッジビザABC(Bridging A, B or C visa)を保有している場合は、オーストラリア国内から申請が可能です。一度、オーストラリア国内で申請すると、ブリッジビザが発給され、審査期間中もオーストラリア国内に滞在することが可能です(但し、このブリッジビザ期間中は、原則、以前に保有していたビザの諸条件(就労時間制限等)が適応されます)。

家族の同時申請(Including Family Members)

ビザ本申請の際に、以下のタイプの家族を同時に申請する事が可能です。

- 配偶者(入籍済)・事実婚関係者(未入籍)・同姓婚者
- 実子・養子
-申請者の両親(但し、経済的に申請者に頼らざる得ない状況を証明)

ビザ発給後に子供や両親を別途申請する事も可能ですが、非常に大変なプロセスを踏むことになります。可能な限り、同時申請を行った方が良いでしょう。

有効期間(Duration and Conditions)

このビザは永住権です。オーストラリア国内にて永続滞在することと、完全雇用就労することが可能です。 オーストラリア国外にて、ビザ発給を受けた場合は、移民局の指定した日時までに一度は入国する必要があります。これは必須条件です。 また、永住権とは言え、リターンビザの更新が必要になります。これは豪州国外から再入国する際に必要になるものです。原則過去5年中2年以上オーストラリア国内に居なければ、このリターンビザは更新できません。これは、ビザ保有者に「豪州に永住する意思」が有るかどうかを確認する為のものです。


技術独立移住ビザサブクラス189におけるCTSのサービス内容

サービス内容 - S189申請可否の無料初期査定
- 最大限にポイントシステム上、取得ポイントが増すためのアドバイス
- スケジューリング及タイミング指示
- EOI申請・ビザ本申請、その後の移民局との全てのコンタクト
- 申請提出書類リストの作成及指示
- 申請提出書類の作成補助(サンプル渡・プルーフリード・手直し)
- NAATI翻訳手配
- Certified Copy作成(パスポートを除く)
- ブリッジビザが必要な際の申請取得
- その他、移住・就職活動に関するアドバイス
申請代行費用 AU$1,400.00- Basic・申請者が一人の場合
配偶者AU$100プラス・子供1人につきAU$50.00プラス
*移民局へのビザ申請代行費用のみで、技術査定申請代行費用を含みません。
技術査定申請代行費用に関しては、技術別詳細を参照にしてください。
注意・追記事項 NAATI翻訳費用は別途発生します。また、裁判所係争ケース(離婚問題・認知子問題)を過去現在とお抱えの場合は、追加費用が発生します。
健康上の問題(結核経験・移植経験など)を過去に抱えていた場合は、事前にお教えください。犯罪歴(起訴歴)に関しても同様です。
配偶者(パートナー)が同性の場合、事前に通知してください。

 

技術独立移住ビザ(S189)Skilled Independent Subclass 189 Visaの説明は以上です。

 


Cultural Training Service
Registered Migration Agent: Akira Shinkai
Migration Agent Registration Number (MARN): 0747324
Office of the Migration Agents Registration Authorityy: www.mara.gov.au
Code of Conduct

 

 

Email: mail@ctsau.com

Post: PO BOX17 Kerrimuir VIC 3129 Australia

Phone: +61 42 9391 651

 

Copyright: 2015 Cultural Training Service (Australia). All rights reserved.
MARN:0747324