その他のSkill

教員

学校教員は、小学校・中学校・高校ともにAustralian Institute for Teaching and School Leadership(通称AITSL)にて技術査定審査が行われます。

審査では、経験よりも教員資格を受けるにあたり大学で受けたカリキュラムの内容が重視されます。日本の教員カリキュラムは、オーストラリアの教員カリキュラムと内容が大きく異なるため、実際に豪州の定めるスタンダードを満たしておりません。

日本の教員資格を基に、オーストラリアのAITSLの、教員認可を受けるのはかなり困難です。

下記が対象となるスキルです:

Early Childhood (Pre-Primary School) Teacher 241111 AITSL
Secondary School Teacher 241411 AITSL
Special Needs Teacher 241511 AITSL
Teacher of the Hearing Impaired 241512 AITSL
Teacher of the Sight Impaired 241513 AITSL
Special Education Teachers nec 241599 AITSL

現在、AITSLのSkill Assessmentをパスするためには、非常に高い英語力が必要となります。
IELTS Academic Module 7 in each band及びSpeakingとWritingが8以上であることが条件になっています。

通訳翻訳家(NAATI)

認定機関はNational Accreditation Authority for Translators and Interpreters (通称:NAATI)。

審査では、いままでの経験は重視されません。また、他国の資格も評価対象にはなりません。

オーストラリア政府公認の通訳・翻訳家になるためには、オーストラリアの国家資格となるNAATI(National Accreditation Authority for Translators & Interpreters)の資格を取得する必要があります。このNAATIの資格を取得するための方法は定期的におこなわれる、NATTIの公認検定試験に合格するかNAATIの認定を受けた通訳・翻訳の専門コースを受講し、規定の条件をクリアするしかありません。

NAATIの資格は5段階にわかれていますが、技術独立移住系ビザを申請する為にはプロフェッショナルレベル(レベル3)以上が必要になります。

下記が対象となるスキルです:

Interpreter 272412
Translator 272413

現在、残念ながらSOLには掲載されずCSOLのみの掲載です。州によってはS190用のState Nomination Listに掲載されている場合も有ります。

農林水産業研究者

農林水産業と言った第一次産業研究者の審査はVETASSESSになります。

審査では、経験及び大学で受けたカリキュラムの内容が重視されます。日本の教員カリキュラムは、豪州の定めるスタンダードを満たしていれば認可を得る事ができます。

下記が対象となるスキルです:

Agricultural Consultant 234111
Agricultural Scientist 234112
Forester 234113

 

 


Cultural Training Service
Registered Migration Agent: Akira Shinkai
Migration Agent Registration Number (MARN): 0747324
Office of the Migration Agents Registration Authorityy: www.mara.gov.au
Code of Conduct

Email: mail@ctsau.com

Post: PO BOX17 Kerrimuir VIC 3129 Australia

Phone: +61 42 9391 651

Copyright: 2015 Cultural Training Service (Australia). All rights reserved.
MARN:0747324