ビジネスタレント永住権ビザ
(Business Talent (Migrant) subclass 132 Visa)

ここで言うビジネスタレントとは「ビジネスに長けた才能を有する人物」です。経歴として、ビジネスを相応に成功させ、一定の資産を築いた方。また、その資産をもって、オーストラリアのベンチャービジネスに投資し、経営に関わっている方を対象としています。このビザは永住権です。

このビザには2つのストリームがあります。特別ビジネス経歴保有者ストリーム(Significant Business History Stream)とベンチャー資本起業ストリーム(Venture Capital Entrepreneur Stream)の2つです。

特別ビジネス経歴保有者ストリーム(Significant Business History Stream)

とは、かなり大きな規模の事業体・企業のオーナーとして特筆すべき経歴と資本力を有する人が対象です。

ベンチャー資本起業ストリーム(Venture Capital Entrepreneur Stream)

とは、最低AUD 1 million以上の資本ファンドをベンチャー資本としてアクセス(資金調達)可能な人が対象です。

ビジネスタレントビザの特徴

- このビザは永住権です。
- オーストラリア国内・国外関係なく申請可能です。
- オーストラリア国内申請の場合、適切なビザ又は Bridging A, B or Cを保有していなくてはいけません。
- スキルセレクションシステム(SkillSelect system)からの申請になります。
- このビザには州政府からのノミネーション(Nomination)が必要です。

両ストリーム共通の申請条件クライテリア

- 州政府からのノミネーション(Nomination)を受けること。
- スキルセレクションシステム(SkillSelect system)によってインビテーション(申請許可)を得ること。
- オーストラリア国内申請の場合、適切なビザ又は Bridging A, B or Cを保有していなくてはいけません。
- オーストラリア入国後、正規にビジネスを起こすこと。もしくは既存ビジネスに参加すること。
- 同時に、ビジネスのオーナーシップを維持すること。及びビジネスのマネージメントに日々参加すること。

特別ビジネス経歴保有者ストリーム申請条件クライテリア

- 最低AUD 400,000以上のビジネスアセットを有すること(過去4年中2年)。
- もしくは上場企業の場合は10%のオーナーシップを保有していること(過去4年中2年)。
- もしくは、保有ビジネスの過去4年中2年は、年間事業収益(annual turnover)をAUD 3 million以上上げていたこと。
- 原則55歳未満で有ること(州政府が特別にノミネーションを行った場合は例外とする)。
- 同時に、ビジネスのオーナーシップを維持すること。及びビジネスのマネージメントに日々参加すること。
- 原則、AUD 1.5 million以上の個人資産を保有すること。

ベンチャー資本起業ストリーム申請条件クライテリア

- 最低AUD 1 million以上のビジネスベンチャー融資の合意をAustralian Venture Capital Association Limited (AVCAL)のメンバーであるオーストラリア企業と結んでいること。

 


Cultural Training Service
Registered Migration Agent: Akira Shinkai
Migration Agent Registration Number (MARN): 0747324
Office of the Migration Agents Registration Authorityy: www.mara.gov.au
Code of Conduct

 

 

Email: mail@ctsau.com

Post: PO BOX17 Kerrimuir VIC 3129 Australia

Phone: +61 42 9391 651

 

Copyright: 2015 Cultural Training Service (Australia). All rights reserved.
MARN:0747324